結婚写真で二人の大切な思い出を〜HAPPYな思い出を残す〜

思い出を残す

花嫁の髪を整えている女性

式を挙げないカップルが増えている

自分の結婚式は盛大に祝いたいもの、誰でもそのように考えますが、中には式を挙げずに新生活のスタートをするカップルもいます。経済的な理由が最も多いと言われていますが、それ以上に現代の若者が堅実な考え方をするようになった風潮が伺えます。結婚式にかけるお金を貯金に回したり、新生活のための資金にした方が良いと考える人も増えてきました。しかし、そのような人たちにとっても外せないのが、結婚写真の存在です。式は挙げなくとも、自分たちが確かに結婚したという証として、結婚写真を残したいと希望するのです。結婚写真の代金は、衣装代を含めても数万円台で賄えます。式を挙げるのに比べて、20分の1以下のお金で収まるのです。

写真館の始めた新たなサービス

写真だけの結婚式は、結婚式場では行いません。写真館が新たに始めたサービスを利用して申し込む人が殆どです。貸衣裳付の写真スタジオが、衣装代は無料で行っている所が多いといいます。もともと、七五三などの貸衣裳を用意していた写真館が、新郎新婦の衣装も用意して結婚写真を手掛けるようになったのです。更にメイクの職員も配置する写真館もあるので、新郎新婦は普段着のまま手ぶらで訪問できます。式も二次会もブーケトスもない結婚ですが、二人にとっては最高の幸せの門出になるのです。撮影された写真は、デジタル画像であるため、新郎新婦がその場で希望の1枚を選ぶことができます。このような結婚写真を希望する人が増え、貸衣裳付の写真館の業績が上向いている傾向にあります。

↑ PAGE TOP

メニューバー